吹奏楽・オーケストラの楽器 吹奏楽・オーケストラの楽器  
ファゴット(バスーン) Fagott(Bassoon)
  
吹奏楽・オーケストラの楽器

ファゴットあれこれ
ファゴット関連リンク



HOMEファゴット>ファゴットの種類
ファゴットの種類

ファゴットについて

ファゴットという呼び名はイタリア語で、英語ではバスーンといいます。ほとんどの国で使われている現在のファゴットは、1880年頃ドイツの楽器メーカー、ヘッケル社が完成させた「ヘッケル式」と呼ばれるものです。

 ファゴットはオーボエと同じダブルリード(2枚リード)の楽器です。オーケストラでは渋みのある独特の音色でソロを受け持ったり、木管部のハーモニーの最低音部を支えたりします。オーケストラにあっては欠かさず用いられる楽器で、吹奏楽においても、大半の楽曲で編成に組み入れられています。

 ファゴットは。オーケストラの中でも独特な形でひときわ目立つ存在です。管の長さは全長でおよそ260cmもあり、組み立てた楽器の高さはおよそ140cmぐらいになります。管が長いので演奏時にはストラップを用い、楽器を斜めに構えて吹くという点も、他の管楽器には見られない特徴です。

 ファゴットは多少鼻の詰まったような音色を持ち、音が跳躍する動きのとき、おどけたような表現を得意としています。ファゴットの低音域はオーケストラの響きに力強さを与え、テナー歌手の音域にあたる高音域は独奏メロディにもよく使われます。また標準ファゴットより1オクターブ低い音域をもつコントラ・ファゴットがあります。



コントラファゴット

コントラファゴットの管はファゴットのちょうど倍の長さで、音も1オクターブ低い音を出します。管の長さは6メートル近くになるために4回折り曲げ、重量もかなりあるためにストラップだけでなくエンドピンで楽器を支えます。その低い音にもかかわらず柔らかく、幅の広い音色をもっています。ベ−ト−ヴェンをはじめ古典派の頃から重宝されてきた楽器で、近年の大編成のオ−ケストラ曲でも盛んに用いられており、オーケストラには必要不可欠の楽器です。

 


   


リンク集リンクについてサイトマップE−mail運営者情報
クラシック音楽情報ザ・オーケストラ合唱・コーラスあれこれ吹奏楽・ブラスあれこれピアノ発表会ヒントあれこれリサイタルの開き方
 Copyright © 2009 吹奏楽・オーケストラの楽器 All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア