吹奏楽・オーケストラの楽器 吹奏楽・オーケストラの楽器  
チェロ Cello
  
吹奏楽・オーケストラの楽器

チェロあれこれ
チェロ関連リンク



HOMEチェロ>ヴァイオリン属の楽器・チェロ
ヴァイオリン属の楽器
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの4つの楽器は形と構造がほぼ同じで、奏法や構造も共通点が多いので、まとめてヴァイオリン属と呼ばれています。音域はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの順で低くなります。

ヴァイオリン  ヴィオラ  チェロ  コントラバス


チェロ 


オーケストラの楽器 チェロ

 今日のスタイルのチェロの形態が確立したのは18世紀以降のものであり、ヴァオリンより2世紀ほど後のことです。18世紀に入ると、ビバルディ、バッハ、ボッケリーニといった作曲家の登場によって多くの作品が書かれ、ヴァイオリンに並ぶほどの独奏楽器に発達しました。

 チェロはヴァイオリンやヴィオラとほぼ同じ構造ですが、低い音を出すために全体が大きくなっており、特に厚みが増している。弦も素材や基本構造は同じものの、太く丈夫に作られており、それに伴って弓もヴァイオリンなど太いが、長さは逆に短くなっている。チェロはその大きさと重さゆえにヴァイオリンやヴィオラのように、顎で挟み、手に持つことが困難なので、エンドピンを床に立てて演奏する。

 チェロはクラシック音楽において重要な楽器の一つであり、オーケストラによる合奏や、弦楽四重奏や弦楽五重奏、ピアノ三重奏といったアンサンブルの中では低音部を受け持つ。また独奏楽器としても重要であり、多くのチェロ協奏曲やチェロソナタが書かれている。

 チェロの音域はヴァイオリンより1オクターブと完全5度低く、ヴィオラより1オクターブ低い。その音域は人間の声に一番近い楽器といわれており、その音色は豊かな響きのある低音から、心地よい高音まで、いわゆる癒し系の音色です。また、その形は女性的な美しいフォルムで、持っているだけでスタイリッシュな印象を与えます。

 

 



リンク集リンクについてサイトマップE−mail運営者情報
クラシック音楽情報ザ・オーケストラ合唱・コーラスあれこれ吹奏楽・ブラスあれこれピアノ発表会ヒントあれこれリサイタルの開き方
 Copyright © 2009 吹奏楽・オーケストラの楽器 All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア