合唱・コーラスの豆知識、合唱・コーラス関連の話題が満載。
 Home   
     
合唱・コーラス あれこれ
 

全国合唱団リンク
全国の合唱団リンク集
(都道府県別)

合唱関連リンク








合唱・コーラスあれこれ 発表会の開き方

企画(1年半前〜1年前)   準備(半年前〜)  準備(その他)
当日(受付周り)  当日(ステージ・楽屋)  当日(その他)
  アクシデントの対応  発奏会終了後


発奏会当日(その他)

アンケート(アンケート見本)
ギャランティの支払い 
出演者への面会の対応 
駐車場 
身障者席 
母子席 



アンケート 

来場者の満足、意識などを今後の企画に反映させるために、観客アンケートを実施することがあります。アンケートはプログラムに挟み込んで入場の際に手渡す方法が一般的です。(プログラムが無料配布の場合)

 プログラムが有料の場合には挟み込みができませんので入口で手渡します。いずれの場合もできるだけ多くの方々から回収するように努力しましょう。それには受付に必ず回収箱と筆記用具を用意しておくこと。場内アナウンスで協力を呼びかけるのもよいでしょう。回収は休憩時間またはコンサート終了後に出入り口付近で行います。

 アンケートの内容は、できるだけ選択形式で記載しやすいようにし、加えて、自由に記載できるスペースをとるようにします。そして項目はできるだけしぼりこむのがコツです。

アンケート見本

ページのTOPへ


ギャランティの支払い
 

 ソリスト等の出演料の支払いは、業界の隠語で「とっぱらい」といって、公演の当日に支払うのが習慣になっています。(これは演奏という目に見えないものに対して、後からの支払いでは不安というここと、エキストラのようにその場かぎりで頼まれている人が多いためということがあるようです。) 

 支払いは封筒に謝礼と主催者あての領収書を用意し、それぞれに住所と名前を記載して印鑑を押してもらいます。通常は終演後に支払いますが、リハーサルが終わった後に支払うこともあります。なお、ソリストなどで予め契約が交わしてあるときは、当日までの振込になるのが通常です。




出演者への面会の対応
 

 団員への面会は、コンサートの終了後にしてもらいましょう。演奏前に面会を求められても、やわらかにお断りします。演奏前は演奏者も緊張しています。できるだけ演奏以外のことはガードしてあげるようにします。(中にはあまり気にしてない奏者もいるようですが)終了後は面会の方は、ロビーや、きめられた場所で面会ができることを伝えます。

ページのTOPへ



駐車場
 

 ほとんどの音楽ホールでは駐車場の管理はホール側で行っていますので問題はありませんが、ホールによっては使用側でケアを求められるところもあります。使用には台数制限やさまざまな規制や手順がありますので、予めホールと打ち合わせで確認しておきます。




ケータリング
 

コンサートにおけるケータリングとは出演者に対して、主にステージ裏でのケアを行うことです。指揮者の出迎え、送り出し、出演者の食事の手配や飲み物の準備をし、当日、出演者が心地よく演奏に集中できるようにケアをします。終演後は控え室に忘れ物がないか、備品等は元通りになっているか等々気を配ります。

ページのTOPへ



身障者席

 身障者(車椅子)の入場の際にはできるだけ手助けをしましょう。大ホールには車椅子席が10席程度設けられていますので、予め場所を確認しておき、そこに案内をします。




母子席
 

 母子席とは就学前のこどもと父母が気兼ねなく演奏が聴ける部屋です。大ホールにはほとんどのホールに設置されています。就学前の入場者が同伴された場合はできるだけ母子席で聞いてもらうように案内をします。

 母子席の多くはホールの1階席の一番後方に防音になった部屋が設置されており、そこではステージを見ながら演奏をモニターを通してきくことができます。

ページのTOPへ





サイトマップ | サイトについて | リンク集 | メール
クラシック音楽情報 | ザ・オーケストラ | リサイタルの開き方 | 吹奏楽・ブラスあれこれ | ピアノ発表会のヒントあれこれ
Photo by m-style.  Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)2008  合唱・コーラスあれこれ All rights reserved.